ジェネリックバイアグラ

安く勃起薬を手に入れる方法 ジェネリックバイアグラ

 

勃起薬と言えば思い出されるのがバイアグラではないでしょうか?

 

でも一錠2000円以上もするバイアグラを使い続けるのは財布に厳しいものがあります。しかしバイアグラのその薬の特許が切れて、どんどん後発薬であるジェネリック医薬品が製造販売されています。

 

このジェネリックバイアグラは製造工程や添加物が違うだけで、バイアグラの成分や効果がそのまま

 

しかもバイアグラに比べると価格が安いので、勃起に自信がない人にはとても有効な薬です。

 

成分が同じ等ことはバイアグラと同じく心臓や血管に病気があると危険が伴うことがあるので、医師の診断のうえ使用するかどうかを判断してください。

 

ジェネリックバイアグラ,値段

ジェネリックバイアグラには海外製造ではカマグラゴールドが有名です。

 

≪バイアグラ・カマグラゴールド最安値比較表はコチラ≫

 

価格も一錠700円程度です。国内産ジェネリックバイアグラで有名なのはトーワやあすかです。値段は一錠は1500円ほどします。

 

国内産ジェネリックバイアグラ 海外産ジェネリックバイアグラ

トーワ(東和薬品)
あすか(あすか製薬)
キッセイ(キッセイ薬品工業)
テバ(テバ製薬)

1錠1500円程度

カマグラゴールド(アジャンタファーマ)
スハグラ(シプラ)
ビゴラ(ジャーマンレメディーズ)

 

一錠600円程度

バイアグラジェネリックは海外産のものの方が、早くから販売していることもあり安く手に入れることができます。国内産ジェネリックバイアグラは医師の診断のうえ処方される処方薬ですので、処方箋を発行のうえ薬局にてお買い求めいただけます。

 

海外産ジェネリックバイアグラはどうやって購入するの?

 

国内産ジェネリックバイアグラは日本国内では医師による診断のうえ、処方箋を発行してもらって薬局で処方してもらいます。
ただ、バイアグラがそうであるようにジェネリックバイアグラの、日本の医療保険の適用外ですので、薬にかかる料金も全額負担でさらに、診察料金も負担となりますので、かなりの高額になります。多くの日本人男性が勃起不全で苦しみながらも、保険適用外のために手が出せないでいるのです。

 

海外のジェネリックバイアグラを購入するには個人輸入をする方法があります。
この方法では守らなければならないルールがあります。

 

一つ目は、購入者以外の人が服用してはいけないということです。転売や譲渡もダメです。
二つ目は、一か月分以上の購入はできないということです。これは、服用しすぎることを防止するために設けられています。

 

この二つのルールを守ることで1錠600円程度の安い価格で、日本にいながらジェネエリックバイアグラを購入することができるのです。

 

安くジェネリックバイアグラを手に入れるなら海外産のものをルールを守って購入するのがいい。

 

ジェネリックのバイアグラ

同じ成分の薬なら安い方がいいのは誰しもが思う事ですよね。海外産のジェネリックバイアグラはバイアグラの特許が切れたのでどんどん安いものが開発され販売されています。世界中の多くの男性が勃起不全で悩んでいるということです。

 

販売数が増えれば増えるほど、価格が安くなるのが経済の原理ですので、ジェネリックバイアグラの価格もどんどん下がっていくことが想定されます。ただ国内産ジェネリックバイアグラは販売価格を政府が決めるために値下がりすることはないです。

 

ということは、海外産ジェネリックバイアグラの方が安く購入できるので良いです。

 

初めての方は海外から薬を買うことを心配するかもしれませんが、もうすでに多くの日本人が個人輸入でジェネリックバイアグラを購入していますので、商品が届かないとか、偽物ではないかという心配はありません。

 

環境の悪化から勃起不全者が増加している

 

バイアグラで勃起不全が治る

勃起に自信が持てない男性が世界中で増え続けています。その原因は様々ありますが、一番の要因は食生活とストレスだと言われています。

 

人間はもともと夜眠って朝起きる生物でしたが、活動時間がだんだん夜型へシフトしているのです。そのためにホルモンバランスなどが乱れ、さらに競争社会による生きているだけでストレスにさらされる環境に、男性の勃起機能が悪影響であると言われています。

 

人間の体はとてもうまく作られていることはよく知られていると思います。毎日特殊な環境で生活していると、その環境に対応し変化するのです。目が見えなくなると、そのほかの期間が発達するなど、生きていくために順応するのです。

 

すべての男性が勃起ができなくなると人類は滅亡してしまいます。多くの男性が勃起できなくなり始めている環境だということは、人間が生きていくのに過酷な環境だと、体が訴えているのかもしれませんね。

 

バイヤグラ ジェネリックを通販

 

バイヤグラ ジェネリックを通販

ED治療薬のバイヤグラがネットで購入できるようになってから、多くの人が喜びの声を上げていますが、そのジェネリックが出ていることをご存知の方はまだ少ないようです。

 

バイヤグラの成分はシルデナフィルクエン酸が体内でPDEの働きを阻害することで勃起機能を回復させてくれます。この有効成分と同じものが入っているのがカマグラというくすりです。

 

バイヤグラのジェネリックであるカマグラは商品名をカマグラゴールドという名称で販売されています。

 

成分が同じでもジェネリックということで、その価格は5分の1ほどの抑えられています。

 

カマグラは開発にかかる費用が節約されているために、このような価格が実現しているようですが、それほどバイヤグラの開発には資金が必要だったのでしょうね。

 

ジェネリック医薬品は先発薬の成分をそのままに摸倣して製造されたものです。そのために同等の効果が期待できます。

 

先発薬ができてから特許の期限を過ぎると、ジェネリック薬の製造販売をすることが認められています。特許の期限のうちに先発薬を製造した製薬会社は開発に投じた資金を回収する図式です。

 

バイヤグラの製造会社はファイザー製薬という会社ですが、イギリスに本社を持ち、日本にも支社を持つ世界規模のグローバル会社です。

 

今ではファイザー製薬の特許期限も終わっているので、バイヤグラのジェネリックは日本にいながらも簡単に購入することができます。すでに、日本の製薬会社も製造を開始しているのですが、海外のものに比べると価格が高い傾向にあるようです。

 

バイアグラの始まり

 

バイアグラジェネリック始めり

バイアグラはED治療薬として開発された薬ですが、始まりは狭心症の薬として研究されていました。

 

狭心症とは

 

狭心症という病気は、心臓の冠状動脈が動脈硬化などで狭くなり十分に血液の流れが悪くなってしまう病気です。

 

シルデナフィルが有効成分

 

クエン酸シルデナフィルは、心臓の血流量を増やすと期待されていたのので狭心症の治療薬として臨床試験が繰り返されていたのですが狭心症に効果は認められませんでした。
しかし、臨床試験を受けた男性たちがこの薬を欲しがるという前代未聞の自体が起こったのです。

 

どうしてか?

 

ジェネリックバイアグラ,値段

なぜ、この薬がほしいのかと言うとこの薬を飲むとペニスの勃起が促進されるということを患者が感じたからなのです。
心臓に血流を増やす効果はあまり見られなかったのですがペニスに流れ込む血液をかなり増やすということかわかったのです。

 

 

この結果がED治療の画期的な発見となりました。

 

1993年ごろからファイザー社はED治療薬として臨床試験を開始し、4年間行われED(勃起不全)の被験者約4000人を対象に行われました

 

こうして世界で初めてのED治療薬であるバイアグラが誕生しました。